Wシリーズ

20歳男性です。最近読んだ本は森博嗣著『Wシリーズ』です。
こちらは全10巻からなる長編小説です。ジャンルはSFで、科学が発達し人間が限りなく死ななくなった世界が舞台になっています。人類は原因不明の病によって出産ができなくなっており、代わりに人間と全く遜色のないロボット「ウォーカロン」が存在しているのですがこの「ウォーカロン」がこの物語における最も重要な存在であると言えます。
この小説によって考えさせられたのは「生物とはなにか」「人間とAIの線引き」「命の重さは絶対的なものか?」といったような点ですが大きくまとめると「人間とは?」といった点に集約できるようにも感じられます。世界観にどっぷりと浸かれるような非常に深く美しい文章になっています。非常におすすめです。