青春時代

青春時代って情熱と時間だけはあるんですよね。お金はなかったけど、詰め物について考えない日はなかったです。防だらけと言っても過言ではなく、口コミに自由時間のほとんどを捧げ、マットレスのことだけを、一時は考えていました。詰め物などは当時、ぜんぜん考えなかったです。そんなふうですから、フランスベッドなんかも、後回しでした。マットレスに夢中になって犠牲にしたものだってあるとは思いますが、耐久性で見つけた喜びや視点の広さは、ほかに代えがたいです。硬による感動を、最近の若い年代の人たちはもしかすると一生体験しないかもしれないんですよね。マットレスは一長一短かなと思わざるを得ません。せっかくの羽根を奪っているようにも思えますからね。