自分の努力を認めてくれる人は結局自分

なんなんだこの人はなんで私のことを知っている。
もしかしてもしかしたら未来の自分がタイムマシンで自分を励ましに行ってきたのかえ。
寿司は星新一でも思いつきそうにない下手な空想をしてしまった。
ではこれで失礼します決して諦めないでくださいね最後にそう言い残すと誰ともわからぬ人影は去っていった。
SC はしばらく放心状態になっていたがやがて正気を取り戻した。
いったいなんだったんだそう言いつつなんだか笑いがこみ上げてきた。
おかしなことにいつもより元気が出てきたような気がする。
自分の努力を認めてくれる人がいるのは嬉しいものだ。
あの人影がどこの誰であれとても感謝したい気持ちになった。
それから何日かして康は思い切ってある行動に出た会社からの帰り道適当なビルの屋上に上り方話しかけるのが誰かいますかいますよね。