大学は妥協せず頑張ろう

“自分は現役大学生で第一志望だった大学に通っています。自分が志望大学を一つに決めたのは高校三年生の夏休み明けでした。それまでは勉強していなかったわけではなく、部活を引退したあとからは必死に勉強していました。夏休み前まではうっすらとこのあたりの学力層の大学にいきたいとだけ考えていました。特にこれといったやりたいことがなかったので、大学に入学してから学部を成績で選べるという仕組みが魅力だったので某国立大学を志望しました。自宅から通える距離にある大学で、実は一年生のときにオープンキャンパスにも行っていました。高校三年生の秋ごろは大学別模試やセンタープレテストなど、毎週のように模試がありました。自分はa判定、b判定をさまよっている感じでした。周りの友達はc判定やそれ以下の判定もざらでしたがその友達も今では自分とともに合格し、一緒に通っています。現役高校生は模試の判定が悪く出がちです。まだ習っていない範囲が出るので当たり前と言えば当たり前です。浪人生は一年間多く勉強しているので秋の段階だと有利ですが、現役高校生は気にしないようにしましょう。志望校を変える必要はまったくありません。あくまで模試なのでその内容が入試本番までにできるようになればいいだけの話です。
また、自分は滑り止めの私立大学を受験していません。私立大学は国立大学よりも入試の時期が早いので、対策をしなければなりません。滑り止めの私立の勉強に時間をとられて、第一志望の大学の勉強の時間がとれないとなるとそれこそ本末転倒です。本気で行きたいと思うならば、私立大学の勉強の時間は無駄ですし、第一志望の勉強に時間を割いた方が効率的です。また、滑り止めがあると心に妥協が生まれてしまうと思います。滑り止めを受けないことで、精神的にも必ず受かってやるという気持ちが高まりプラスに働きます。大学選びはぜひ本気でしてください。頑張ってよっと手が届くような大学にしましょう。

ヒューマンアカデミー横浜校の基本情報と口コミ評判